糖尿病を治す

正しい療法を行えば糖尿病は決して治らない病気ではありません。

厚労省の調査によれば、平成9年に1370万人だった糖尿病患者と予備軍の数は、平成18年には1870万人になってしまいました。
患者数が減らないどころか、10年もしないうちに500万人も増えてしまっているのです。これだけいろいろな新薬や治療法が開発されてきたのに、患者数は減るどころか増えているのです。

つまり、いくら薬やインスリン注射で治療を行っても、見せ掛けの血糖値が下がるだけで糖尿病は決して治らないのです。じゃあどうすれば治るのか?まず一番最初にあなたが取り組まなければならないのは
食事や生活習慣を正しく改善していくことです

それだけで糖尿病はかなりの確率で改善していきます。

詳しくわこちらをクリック

危険!間違った薬療法

糖尿病の薬には危険な副作用があるのをご存知ですか?糖尿病治療薬で頻発する副作用は低血糖です。
低血糖は、糖尿病の治療中に見られる頻度の高い緊急事態で、場合によっては重篤な結果を招くこともあります。残念ながら、糖尿病を根本から治癒する薬は、現在ありません。

ただ薬の効果で一時的に血糖値が下っているだけなのです。
しかしこの食事療法をおこなえば、血糖値を下げるだけでなく、高血圧も改善され今から2ヵ月後には血糖値を改善し、健康な体を手に入れているはずです!

詳しくわこちらをクリック